生活習慣病について

生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう)とは、糖尿病高脂血症高血圧高尿酸血症など、生活習慣が主な発症原因であると考えられている疾患の総称です。
また、これらの疾患は心臓疾患(主に虚血性心疾患)脳卒中などの原因となり、最悪の場合死にいたることもあります。

肥満に加えて、糖尿病高脂血症高血圧高尿酸血症などの生活習慣病を複合する状態を医学的にはメタボリック症候群と総称しています。

一般に30〜40歳代以上の世代から発症しやすくなり、その発症に生活習慣(食事習慣、運動習慣、肥満、喫煙、飲酒など)が深く関わると考えられている病気の総称を生活習慣病と呼びます。

かつては加齢によって発病すると考えられたために「成人病」(せいじんびょう)と呼ばれ、特に脳卒中がん心臓病3大成人病とされ、集団検診等による早期発見、早期治療の体制が進められました。

しかしその後、原因の大半が長年にわたる生活習慣にあり、間違った生活習慣によって高脂血症高血圧がどの年齢にも起こりうることが判明したため、子供のころから予防に気を付けなければならないことから、1,997年頃から「生活習慣病」と呼ばれることが多くなりました。

[ 参考 ]
EDについて


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信