糖尿病の概要

糖尿病は血液の中に含まれる糖の濃度が高い状態が長く続く病気です。

毎日の食事で摂取する糖質(ごはん、パン、お菓子、果物など)は唾液や膵液、腸液に含まれる消化酵素によって、そのほとんどがブドウ糖となります。
このブドウ糖は腸から吸収されて血液中に入ります。
また肝臓からは蓄えられているエネルギー源の一部がブドウ糖として血液の中に放出されます。
これらを合わせて「血糖(けっとう)」といいます。
血糖は体のいろいろな細胞(脳、筋肉、肝臓など)に取り込まれて、エネルギー源として役に立ちます。

通常では、血糖の値(血糖値)は非常に狭い範囲に調節されています。
その調節は胃の後ろに位置し、膵(すい)臓のランゲルハンス島の中にあるβ細胞から分泌されるインスリンというホルモンの作用によって行われています。
このインスリンの分泌が低下したり、その働きが十分でないと血糖がスムーズに細胞内に入っていけなくなったり、肝臓から過剰なブドウ糖が放出されたりして、その結果血糖値は高くなります。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信