高脂血症の概要

高脂血症は、血液中に含まれる脂質(中性脂肪やコレステロールなど)が過剰な状態を指します。


高脂血症には高コレステロール血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症といった種類があり、WHO(世界保健機構)の基準に基づき日本動脈硬化学会が診断基準を定めています。

高コレステロール血症
血液中の総コレステロール値が高い(220mg/dL以上)タイプの高脂血症。生活習慣による高脂血症の多くがこのタイプです。現在WHO、アメリカ、日本のガイドラインの中で、いまだに総コレステロール値を重視しているのは日本のガイドラインのみです。

高LDLコレステロール血症
コレステロールの担体である低比重リポ蛋白(LDL)が血液中に多く存在する(140mg/dL以上)タイプの高脂血症。現在、世界最新のガイドラインである米国ATP-IIIによれば、コレステロールの検査値の中では唯一心血管疾患の絶対的リスクファクターであり、他の検査値であるHDL、トリアシルグリセロールと比較して明らかに重要度が高くなっています。

低HDLコレステロール血症
血液中の、いわゆる「善玉コレステロール」が少ない(40mg/dL未満)タイプの高脂血症。特に女性において、心血管疾患の重要なリスクファクターとなっています。

高トリグリセリド血症
血液中にトリアシルグリセロールが多く存在する(150mg/dL以上)タイプの高脂血症。内臓脂肪型肥満の人に多くみられます。一時期、その心血管疾患との関連が疑問視されましたが、現在ではやはり関連はあると考える人が多数派となっています。RLP-C(Remnant-like lipoprotein particles-cholesterol)が高TG血症の動脈硬化発症に関与が示唆されています。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信