高血圧の概要

血圧=血液が流れるときに血管にかかる圧力のことをいいます。

心臓が収縮して動脈に血液を送り出した瞬間の血圧を最大血圧(収縮期血圧)といい
心臓が拡張して血液をためていて動脈にかかる圧力最低になったときの血圧を
最少血圧(拡張期血圧)と言います。

血圧は、おもに心臓から送り出される血液量と末梢の血管の通過性のよしあしで決まります。

動脈硬化で血管の弾力が弱くなり、コレステロールなどの沈着で動脈の内径狭くなると血圧は高くなります。
【 高血圧症の基準 】
最高血圧が180以上、最低血圧が105以上・・・中等・重症高血圧症
最高血圧が140以上180未満、最低血圧が90以上105未満・・・軽症高血圧症


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信