痛風の概要

痛風発作は、関節にたまった尿酸の結晶が起こす炎症です。

痛風は、中高年の男性に多い『ぜいたく病』と今まで言われており、現在でも痛風患者の99%は男性です。しかし最近の痛風は、30代で発症する人が最も多く若年化する傾向が顕著になってきました。
アルコールや過食、それに運動不足が痛風の誘因になるといわれています。

痛風は単に関節の痛みをきたす病気ではなく、臓器の障害をも引き起こす病気です。

痛風の発作中の関節内では、尿酸の結晶と白血球による炎症反応があります。
足の親指の関節に起こることが最も多く、アキレス腱や足首、足の甲などにも起こります。関節は赤く腫れ上がり、激痛が走ります。

痛風発作は、1週間前後で治まりますが、1度に1つの関節だけが痛みます。
痛風は発作のないときには全く無症状ですが、発作は再発する可能性が高いです。発作までの期間は人によって様々です。

痛風発作を繰り返すと次第に重症になります。
痛風発作を繰り返しているうちに、発作の間隔が短くなり、脹れも強くなります。
1度に2つ以上の関節に発作がでたり、足だけでなく、膝や手首の関節に発作がでるようになると重症です。

痛風発作を繰り返していると色々な症状がでてきます。

○痛風結節
 尿酸の塊が、足の親指や肘の関節などにできる場合は重症です。

○尿路結石
 痛風患者は、一般の人より何倍も尿酸結石がよくできます。時に背中が激しく痛み、血尿がでますが、無症状のこともあります。

○腎障害
 痛風発作を放置すると腎臓に尿酸がたまりやすくなり、尿酸が一杯たまると、腎臓はその機能を次第に失い、腎不全になりやすくなります。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信