痛風の食事療法

1.プリン体を摂りすぎない

プリン体は尿酸の元になる物質です。
痛風を予防するには、プリン体を多く含む食品を多量に摂取しないことがとても大切です。
肉類は油調理は避けてなるべく煮て調理しましょう。またプリン体は煮ると煮汁に移ります。煮汁は飲まないようにしましょう。

高等度プリン体食品:
牛・豚・鶏レバー、大正エビ、あじの干物、煮干し、かつおぶしなど
中等度プリン体食品:
大豆、かつお、たら、車エビ、さんまの干物、するめいかなど


2.尿酸値を下げるためにダイエットを

肥満ぎみの人が減量すると、尿酸値が下がる場合が多いです。
ただ食事を減らして減量する場合、極端に食事の量を減らすと、尿酸値が上がる場合があるので注意してください。適度な運動を心がけましょう。


3.水分をとって尿酸を排泄する

水分を十分に摂取して、尿酸を尿と一緒に排泄しましょう。
ただしアルコール類は尿酸値を上げますのでなるべく飲まないようにしましょう。

アルコールは肝臓で尿酸が作られるのを促進し、体内でアルコールが分解されるときにはアセトアルデヒドという物質が作られ、尿酸の排泄を妨げてしまいます。

またアルコールは食欲を増進する働きがあり、肥満のもととなります。


4.バランスよく食事をとる

バランスよく食事をとることは、痛風だけでなく様々な生活習慣病の予防につながります。

主食:毎食適量を食べましょう。
主菜:毎食一品、肉より魚を多くとるようにしましょう。
副菜:野菜類を最低二品。海藻類やイモ類も忘れずに。
汁物:汁物は1日1杯を原則に、塩分を摂りすぎないようにしましょう。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信