心臓病の概要

心臓病とは、血管の障害が循環器系(この場合心臓)で起こる病気のことをいいます。

心臓病は大きく分けると以下のような種類になります。
(1) 動脈硬化が原因となる虚血性心疾患狭心症心筋梗塞はこれに分類されます。
(2) 脈の乱れを起こす病気。不整脈心房細動心室細動房室ブロックなど。
(3) 生まれつき心臓に問題がある先天性心臓病。心房中隔欠損肺動脈狭窄など。
(4) 心筋の病気、心臓弁膜の病気、心膜の病気など。
(5) そのほかの病気。心肥大、精神的な原因から起こる心臓神経症など。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信