脳卒中の概要

脳卒中は依然として死因の上位を占めており、がん心臓病と共にいわゆる3大生活習慣病として関心が持たれています。

脳卒中は、脳の血管がつまったり破れたりして起こるもので、たとえ一命をとり留めても、片マヒなどの障害が残ったり、日常生活に不自由をきたしている人が多く、昔から恐ろしい病気のひとつとされています。

脳卒中
1.脳梗塞
2.脳出血
3.くも膜下出血
4.一過性脳虚血発作 の4つに分類されます。

1.脳梗塞
脳の血管が動脈硬化を起こして細くなり、血流が途絶える場合、これを脳血栓と呼びます。心臓で出来た血液の固まりが脳の血管に詰まる場合、これを脳塞栓といいます。
脳血栓は高齢者に起こる場合が多く、知覚障害や運動障害、意識障害などが徐々に進行します。
脳塞栓は多くの場合突然に半身のマヒや言語の障害によって始まります。
血流が途絶えた部分の脳細胞は死滅してしまい、復元することはありませんが、最近血栓を溶かす治療などが発達しており、被害が最小限となるケースが増えてきました。

2.脳出血
脳の血管が、動脈硬化が原因でもろくなっているときに、血圧が高くなると動脈が急に破れて脳の中で出血が起こります。脳出血は、突然意識を失って倒れ、深い昏睡に陥り半身マヒを起こす場合が多いです。

3.くも膜下出血
脳は、脳軟膜、くも膜、脳硬膜という3層の膜に覆われており、それらは脳頭蓋骨によって守られています。
くも膜と脳軟膜の間には細い血管が通っており、この血管に動脈瘤や動脈硬化がある場合、血圧が
高くなったときに突然破れます。
これをくも膜下出血と言います。
突然激しい頭痛に襲われ、一時的に意識を失ったり、昏睡状態に陥ります。

4.一過性脳虚血
動脈硬化のため一時的に起こる脳の循環障害のことを一過性脳虚血と呼びます。通常は数分間、長くても1時間以内に消えてしまいます。
一過性脳虚血は脳卒中の中でも脳血栓の前触れと考えられており、早期に治療を始めることで脳血栓の進行を食い止めることが可能ですので、医師の診療を受けることが大切です。
次のような症状が起こったときは、一過性脳虚血が起きたと考えられます。
手足の障害:
片側の手足がしびれる、足に力が入らない、箸がうまく使えない、字が書けないなど。
言語障害 :
口が利けなくなる、舌がもつれるなど。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信