肝臓病の食事療法

肝炎の食事療法。基本は適量のエネルギーと栄養のバランスです。


慢性肝炎 】の場合

普通食を基本として、バランスのとれた食事を心がけましょう。
特別に脂肪を制限する必要はありませんが、必ず禁酒を実行しましょう。


脂肪肝 】の場合

肥満を解消するための食事を摂取します。
まず食事量をその人の標準体重に見合ったものにします。
不規則な食事時間、早食いやまとめ食いは厳禁。アルコール・お菓子・ジュース・果物の摂りすぎに注意が必要です。


アルコール性肝障害 】の場合

禁酒を行い、バランスのとれた食事を心がけましょう。飲酒を続けると肝癌になりやすくなります。


肝硬変 】の場合

[ 重篤な症状がない場合 ]

○慢性肝炎に準じた食事療法を行います。症状によりアミノ酸製剤*を補給する場合があります。
 アミノ酸製剤(肝疾患用経口栄養剤)・・・肝臓病で不足するアミノ酸を補う。
 アンモニアを上昇させず安全に必要なタンパク質を摂取することができる。

○野菜や海藻や果物をとり食物繊維の多い食事を心がけます。肥満気味や糖尿病がある時は
 エネルギーの摂りすぎに注意しましょう。

○重症になると味覚が鈍くなるので塩分の摂りすぎには注意しましょう。


[ 重篤な症状がある場合 ]

○食道静脈瘤の場合
 食べ過ぎによる食道への刺激に注意します。香辛料・コーヒーなどの刺激物も避けましょう。

○腹水がある場合
 1日当たり3〜7gの塩分制限を行います(塩分量は腹水の程度により異なります)。

○肝性脳症の場合
 血液中のアンモニア増加による意識障害を防ぐため、タンパク質を制限します。不足するタンパク質は
 アミノ酸製剤で補ったり、特殊食品*を利用します。
 特殊食品・・・タンパク質を減らしたご飯やめん類のこと。通常は市販されていない。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信