歯周病の概要

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯茎の境目についた歯垢から、歯根にそって歯周病菌が入り、歯を支えている周りの組織を壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎といい、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

歯周病は中年以降に罹る病気のように思われていますが、歯肉炎は小学生高学年ぐらいから自覚症状のないまま始まり、中年頃に進行した歯周炎となって気づくことが多いです。

次のような症状が出たら、歯周病を疑います。
・歯肉がはれて、血やうみが出て痛む。
・口臭がする。
・歯肉が下がって歯が長くなったように見える。
・歯が動く。
・歯と歯の間に物がはさまりやすい。
・口の中がいつもねばついた感じがする。
・冷水や温水を口にふくむと歯がしみる。
・歯が浮いて物が噛めない。

歯周病の予防としては
歯周病の原因である細菌をつけないことと取り除くことが基本です。
細菌の温床となる歯石や自分に合わない詰め物や被せ物、喫煙、口呼吸なども歯周病を進行させる原因となるため、気をつけましょう。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信