メタボリック症候群

メタボリック症候群とは、高脂血症や高血圧、高血糖などの症状を併せ持った内臓脂肪型肥満のことで、病気の手前(未病)の健康状態をいいます。


それぞれの症状は軽度で病気といえるほどではなくても、2つ以上の症状が重なった場合、動脈硬化に進行する可能性が飛躍的に高まるため危険です。


メタボリック症候群の人は、健康な人に比べて、糖尿病になる可能性が5倍、脳卒中は4倍かかりやすいといわれています。


メタボリック症候群とは、内臓脂肪の蓄積によって生活習慣病にかかりやすくなっている状態であり、早期に対処しなければ、生命に関わる重大な事態に陥る可能性が高くなります。


メタボリック症候群は最近発見された新しい病気というわけではなく、食生活や運動不足が原因で発症する病気としてかつては「成人病」と呼ばれていました。


そして「生活習慣病」と呼ばれるようになり、呼び名やその基準は少しずつ変化しながら現在のメタボリック症候群と呼ばれるに至っています。


現在、中高年の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群に該当するといわれており、また子供のメタボリック症候群も深刻な社会問題となっています。


スポンサードリンク


生活習慣病の基礎知識

生活習慣病を予防するための基礎知識 トップページへ
 
投信